iOS9アップデートとその後の影響

9月18日(金)にiOS9アップデートにより、各サイトの収益が劇的に落ちました。

原因はかねてから、噂されていた「ウェブ広告の非表示設定」というやつです。

自分もiPhone ユーザーです。昔、iPhone4に変えてからAppleバンザイで、もうiphone以外に戻る気はしないのですが、今回ばかりはAppleに対して憤りを感じていました。

グーグルアナリティクスの分析では、すでに半分以上がスマホからのアクセスだし、さらにSAFARIを使っている人が大多数です。気が付けば世の中にiPhone ユーザーがあふれかえっているようです。

アフィリエイト挫折中だった身として、アドセンスサイト作成に集中することがなんとかこのネットビジネスなるものに希望という名の活路を見出そうとしていたわけですが、1年以上やってきて最近、やっと生まれてきた「小遣い」程度の収益が、今までの半分以下になったのです。

まぁ、そんなことを言っていても仕方がないし、まずは敵を知らねばという事で、iOS9をアップデートし、噂の「Crystal」も120円を払ってインストールしてみました。

正直、サクサク速い。

確かに広告を読み込まないので、わずらわしさがずいぶん軽減されています。一部の広告は消えていないですが、少なくともアドセンス広告は全滅しています。でも、アフィリエイトのバナーは消えていません。

これじゃ、苦手なアフィリエイトに戻ってなんとかしないとならんな~

と思ってここ2週間ぐらいは、既存のサイトにアフィリバナーを置いたり、四苦八苦していたんですが、今日見たらなぜか表示されているのに気が付きました。

※翌日には再度、非表示になっていました。いったい何だったのか?
もちろん、Crystalのコンテンツブロックはオンになっています。一週間ぐらい前に、Crystalは、企業からの希望と料金次第で広告の表示を復活させる予定があるとのニュースが流れていましたが、それがこれなんでしょうか?

所で、昨日は確実に広告は表示されていなかったのを確認してはいましたが、それにしては、ここ1週間ぐらい、アドセンスの収益が以前のペースに戻る傾向がある気がしています。

単に月末だったという事と、9月は中間決算締めの頃なので、企業の広告宣伝費を使い切るために、良質な広告が多かったせいと要因は色々考えられますので、一概に戻ってきている理由は理解できないのかもしれません。

このお祭りも、ふたを開けてみれば思ったほどのダメージは無かったねということになれば嬉しいんですけれどね。