ある専門サイトのアドセンス収益が急低下した理由。

完全に備忘録です。
今日の出来事を覚えておくために。
今月前半に調子のよかったアドセンスが、途中から失速しました。
メインである特化型サイトの収益がむごいことに。

今年はアドセンスから離れてアフィリに…
なんて言いながらも、せっかく月に3~4万円に

なってきたのを無駄にしたくはありません。

前半が良すぎた反動かな(よくある)とも思ったんですが、
何日もCPCの低下が続きました。

毎日1%ほどだったものが、数日間0.5とかに。

理由は専門サイトなのにもかかわらず、
もっと雑多なことも記事に書いてボリュームを上げようと
したために、読者離れが進んだんだろうと勝手に思っていましたが、

PVはそんなに減ってなかったんですよね。
だから、CPCが低下したわけですけど。

なので、さすがに今日は少し対策を打とうと調べてみたのです。
そして気が付いたのは、アドセンスの広告が、コンテンツマッチしていない。

みんなインタレストベース。

ジャンルから言ったらどうでもいいような広告が、
たくさん出ていることに気が付いたわけです。

そういえば、以前はよく出現していた
「またこの広告か~」

なんてしつこいぐらい張り付いていたやつが、
まったく出ていないのです。

理由はおそらく、

最近サイトの内容と外れた記事をいくつも書いてしまったから。
アドセンスさんは記事内容を読み込んで、
ジャンル的に「該当なし」とされたようです。

過去のページにもインタレストベースが多くなってる(気がする)。

ということは…

今までの記事の積み重ねがあるにも関わらず、
アドセンスコンテンツは最新の記事を参考にして
配信されているということか?

広告主が自分のサイトを目視して、
「関係ないこのサイトには出さないでくれ!」
なんてやり取りがあったのかなと勘繰ってもいましたが、

今日実験的にまた専門に沿った文章と
キーワードをちりばめた記事を書いて投稿してみました。

そして待つこと、10数分。

無事に、あの広告が帰ってきましたよ。
お帰り。
それにこの広告って、結構クリック単価が高かったんだね。
ごめん。

こんなの本当は基本なんだろうけれど、
我流なんとなくでやっていたせいもあって、
チョイチョイこういう無駄な失敗が起こります。

せっかく専門サイトを作っている人は、
サイト内容を急変させるときはこういう
リスクもあるようなので、注意しましょう。

※すべてはあくまでも個人的主観に基づく感想です。