40代(勝手に心の同志)の面白サイト見つけました。「人生をあきらめない勇気」が大事

私と同じ40代で、面白く生きている方のサイトを見つけたので勝手にご紹介します。

自由になりたくて47歳で会社を辞めたらこうなった

2016年の3月時点で月間20万PVを突破したそうです。

やっぱり40代でもなんでも、やり続ければ何とかなる。
人生は、なるべく毎日を楽しむように歩いていけば、それなりにちゃんと返ってくる。

「過去は今の自分を作る。」

過去の自分や環境ばかりをある意味責めて、自ら何も変化を起こそうとしない人がいる。

ありがちなフレーズだし、一見正しいことを言ってるようだが、こんな言葉はゴミ箱に投げ捨ててしまった方がいいと思ってます。

私たちはみんな、”いま”を生きているけれど、この”いま”を過去の続きの「今」として、そしてその延長線上に「未来」がある、とひどく計算ばかりしている人が、日本には多いと思う。

そして、標準的な幸せの形(?)みたいなところからはずれていと思い込んでいる人が、無駄に自分自身にすねたりしている。

今の自分が不幸な環境にいるのは、過去のあの時の選択肢が悪かったとか、この年でリストラでもうだめだ、とかはよく聞く話ですが、あえて、だからなんだと言いたいです。

けっきょく他人の目を気にしすぎるから悩むのだと思う。

日本にいると、文化的背景、価値観、あるべき社会的地位などを勝手に想像して、自分の境遇がかけ離れていることに、悩む。

(ちなみに今の私の状況も、見る人が見ればやばい状況に見えることでしょう)

若者でも、「リア充が…」とか、「人生積んだ」なぁんて言っている人って、可哀想だなって思う。自分はダメだ、みたいなことを言って得することは何もありません。なんで自分で自分に悪い暗示をかけちゃうようなことをするのでしょう。

プラシーボ効果ってのもあるから、言葉は大事にした方がいいですよね。

なにより人は、たとえ、ばかだあほだと言われても、なるべく自分が楽しくできることを見つけて頑張ればいいと思う。頭のいい人ほどやる前から確率計算ばかりして、その成功確率の低さに足がすくんで動けなっているのでは。

もちろん、このブログに毎回うだうだ書いているように、私自身、結果が(思ったほど)出ていないことについては大いに悩んでいます。でもそれは、さらに自己成長、向上をするため。

じぶんの人生自体についてはまったく悩んでいないし、過去の仕事を辞めてしまったことについても、あの時辞めてよかった以外には思っていないです。選んだ道だから、後悔などない。

本当にニッチもサッチもいかなくなったら、方向転換もあり得ます。金を稼ぐ必要があるなら、介護業界でも警備業界でも厳しい状況にはお仕事がまだまだたくさんありますから。

とにかく、ばかだあほだと言われても、人生前に進み続ける勇気。

これに尽きる。

どんな理由があるにせよ、あきらめてしまうなんて、もったいない。

人間関係が嫌でたまらない人でも、日本のみならず世界にはすばらしい絶景があるし、一度は行ってみた方がいいです。

コメント

  1. 正吉 より:

    はじめまして。
    正吉と申します。
    自分のブログ名でググって貴方さまのブログに辿り着いた痛い男です。(^^;)

    ブログリンクをありがとうございます。うれしいです。(^^)

    その後、PVは順調に減っております。(泣)
    アドセンスの成績もイマイチです。
    アフィリエイト収益が10万円を超えたとのことで、このブログを購読し勉強させていただきます。
    よろしくお願いします。

    • dreamcometrue より:

      正吉さん

      勝手にリンクですいませんでした。おなじ家族持ちの個人事業主ということで勝手に親近感を持たせていただきました。

      が、逆に喜んでいただけたとのことで、嬉しいかぎりです。

      このサイトは「ぶつぶつ」と自己満足につぶやいているだけのサイトなのでなにも勉強になることはなにもないと断言できますが、「この人は一体いつあきらめるんだろう?」ぐらいの気持ちで、たまに見ていただけると嬉しいです。

      私のメインサイトも「どかん」とPVが増えてからは、その後順調に減り続けています(涙)。正吉さんの、アフィリ以外の収入記事も楽しく拝見させていただいております。失礼ながら、やはり親近感が…。